FP 中川拓人の活動記録

"信じてくれる人を、徹底的に守れる存在になる"を目標に、商売を通して学んだ「考え方」を中心に発信しています。

謝罪のイロハ

北陸でファイナンシャルプランナーとしても活動している中川拓人です。


今回は、「謝罪にイロハ」について書きたいと思います。


最近、謝罪する事 そして 謝罪される事 に関わる事が何度かあり

それを通して、色々と考えさせられる事がありました。


では、始めます。

謝罪する時の注意点について

 

これは 例えば、あなたが遠隔で問題を起こししてしまい、それをLINEやチャットで謝罪したとしましょう。


そして、その翌日にその相手方と直接会う予定が予め決まっていたとして


会った際どうすべきか?

開口一番、[まず、謝罪をしましょう。]

LINEやチャットで完結?もう終わった話?


いやいや
それはあくまで、補助ツールであって

迷惑をかけたり、ミスをした事に対しての謝罪は 直接が基本。


それを補う(瞬時に、取り急ぎ対応する為の)のが、LINEやチャットであり、電話も含めてです。

その辺りを勘違いしている人が多いように思います。

 

 それを行わずに打ち合わせや議題を進めるのは、違和感の時間でしかないです。


結局、自分が嫌な思いをしたくないだけ。

それを勇気を持って、あと一歩踏み出せば、相手も理解してくれますし、何より誠意が伝わります。


最後は、誠意です。

それしかありません。




ポイント
LINEやチャットはあくまで補助ツール 

これは感謝に関しても同様です

【FP 中川拓人の活動記録】
信じてくれる人を、徹底的に守れる存在になる

ファイナンシャルプランナー
中川拓人