FP 中川拓人の活動記録

"信じてくれる人を、徹底的に守れる存在になる"を目標に、商売を通して学んだ「考え方」を中心に発信しています。

人生のゴール

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

今回は、「人生のゴール」について書きたいと思います。

 
あなたの人生のゴールは何ですか?
 
 
何の為に、頑張っていますか?
最終的にどうなりたいですか?
何を目指して、生きていますか?

 

この質問に対して、

ストレートに回答して、その具体的理由と数値的根拠を述べれる人は、どのくらい居るのでしょうか?

 

その答えを全員が持って生きていないといけない訳でもなく、当然何となく生きてる人も多いと思います。(多いというか、それが大半だと思う。)

 

でも、ふと立ち止まって考えてみたときに

 

一生で一度の人生

何のために生まれたか

 

みたいな部分を掘り下げたときに、必ずぶつかる疑問でもあるのも事実だと思う。

 

僕の金融や投資に対して頻繁にやり取りする高校からの友人は、この問いに対して、こう答えました。

「お金を稼がないといけない強迫観念からの解放」

「本当はお金のことを考えたくないんだと思う」

 

 

確かにね。

泣いても笑っても、世の中は資本主義だから

お金で大抵のこと(9割くらい)は、解決出来てしまうから

と共感した。

 

 

では、どうなれば そのような状態になれるのか?

 

例えば、、、

月に150万円の収入があれば、悠悠自適な生活が送れると仮定したとしよう

 

それを、いわゆる「お金でお金を生む」ことで、実現しようとしたら

→3000万円の資産を5%/月利で運用することが出来れば、それは実現する。

(他にも、例えば 会社経営と組み合わせるなら、3000万円の資産を2.5%で運用しながら、自分の経営する会社から75万円の役員報酬を得ることで実現することも可能)

 

その状態を、3年後に目指そうと決めたら、単純に毎年1000万円ずつ貯金すれば、叶う計算となる。

 

つまり、これ↑が目指すべき動き方(方向性)になる。

 

 

その結果として、

人生の目標である「お金を稼がないといけない強迫観念からの解放」が実現する。

 ということになる。

 

(とはいえ、その状態になったときに、何をしたいのか?という部分も非常に重要なポイントです。)

 

 

※ただし、お金がすべてではないことも事実であり、人それぞれの価値観なので一概に正解は無い。周りの環境や人と人との繋がりなども、生きがいのある人生を送る上では非常に重要な要素であることは確かだと思う。

 

 


ポイント
世の中のルールに目を向けて、理解(受け入れる)すること

目標設定は、やっぱり"逆算"

 


《 FP 中川拓人の活動記録 》
http://takuto.hatenablog.jp

[お問い合わせ]
MAIL:takuto.fp@gmail.com
TEL:070-5063-8629

知識は、知る事には意味はない。それを使えてこそ知識。

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

今回は、「知識は、知る事には意味はない。それを使えてこそ知識。」について書きたいと思います。

商売の大先輩より。
セミナーを聞いて、本を読んで
「勉強になりました。よく分かりました。」
と言いながら、その内容を覚えようとしない人が余りにも多い。

そして、後日他人から、そのセミナーや本で述べられていた事について質問されて、
案の定、答える事が出来ない!

これ、セミナー受講した意味ありますか?
本を読んだ意味ありますか?


"知識は、知る事には意味はない。それを使えてこそ知識。"


理解したから、もう同じ本を読み返さなくても良い。
などという姿勢の人で、私は成功した人を見たことがありません。


是非今日から、覚えるまで暗記するまで
セミナーは何度も聞く
本は何度も読む

という姿勢になっていただけたらと思います。



何事も、覚えること暗記することを前提に見る聞くをする人と
単に見る聞くをする人に分かれます。

長い人生において、差がつくのは当たり前の事だと思いませんか?



ポイント
意識の仕方次第で、同じ時間でも その濃さは変わる。
疑似体験が出来る事に価値を置く。


《 FP 中川拓人の活動記録 》
http://takuto.hatenablog.jp

[お問い合わせ]
MAIL:takuto.fp@gmail.com
TEL:070-5063-8629

目上の方とのやり取りについて

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

 

今回は、「目上の方とのやり取りについて」について書きたいと思います。

 
 
 これは業務連絡や商談(交渉)などで、目上の方から連絡が来たら

必ず自分が最後に返信(返事)をする形でやり取りを終える。というものです。

 

そもそも、返信がないと相手が理解したのかどうかがわからないですよね。


そういう細かい部分で、しっかり気遣いが出来てるかどうか。

これは、とても重要な事です。


そして、そのスピードやレスポンスもとても大切です。

基本的には、即レスです。


内容だけ見て、後回し。

それをしてしまうだけで、相手からの印象は、悪くなるだけです。

 

 ちょっとした事ですが、意識してみてください。



 

ポイント

年上の方やレベルの高い人ほどそういうところを見て、人の本質を判断します