FP 中川拓人の活動記録

"信じてくれる人を、徹底的に守れる存在になる"を目標に、商売を通して学んだ「考え方」を中心に発信しています。

1万人に1人の存在になる方法

北陸でファイナンシャルプランナーとしても活動している中川拓人です。

今回は、「1万人に1人の存在になる方法」について書きたいと思います。

 
現在の社会は、1つの事に捉われる必要性が薄くなっている
それは、仕事についても同じである。
 
 元リクルート藤原和博さんが唱えている
「レアカードになる方法」を紹介します。
 
まず、1つの事に1万時間取り組めば
誰でも「100人に1人」の人材になれる。
 
1万時間というのは、1日6時間やったと考えて5年。
5年間1つの仕事を集中してやれば、その分野に長けた人材になれる。
 
ここで軸足を変えて、別の分野に1万時間取り組めば何が起きるか?
堀江貴文 多動力より
 
「100人に1人」×「100人に1人」の掛け算により
「1万人に1人」の人材になれる。
 
 
あなたの代わりがいる限り、あなたの価値は上がらない。
複数の肩書を掛け算し、レアな存在になろう。
 
そして、その為に必要な1万時間をどのように捻出するのかを
計画を立ててみよう!
 
  
 
ダイヤモンドも同じである。
ダイヤモンドが、なぜ価値があるか?
それは、美しいからではなく、"珍しい"からである。
 

ポイント

 

 掛け算するときは、似通ったワラジより、遠く離れたワラジの方がその希少性は高まる。

 

《 FP 中川拓人の活動記録 》
http://takuto.hatenablog.jp

 

[お問い合わせ]
MAIL:takuto.fp@gmail.com
TEL:070-5063-8629

時間や能力を"お金"で買うという事

北陸でファイナンシャルプランナーとしても活動している中川拓人です。

今回は、「時間や能力を"お金"で買うという事」について書きたいと思います。

 
先日、以下の商品を購入しました。
 
 
音声翻訳機 ili(イリー)一方向翻訳機
 
 
これは、日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳してくれる機械です。
しかも、オフライン環境で使用が出来るという優れものです。
(ただし、日本語翻訳機能のみの一方通行)
 
 
僕は、ちょうど 同時期に英語を勉強しようか、
どうしようか迷っている時期でもありました。
 
勉強すると一言で言っても、
その勉強をする時間をどのように確保するか?
仮に教材を買ったり、教室に通うなら、もちろん お金も発生します。
英語が身につくことで、楽しいかもしれませんが、
苦労、苦痛、つまりは労力も発生します。
 
 
それだけの時間や労力、お金を投資するに値するかどうか。
費用対効果が取れるかどうか。
 
が重要なポイントになってきます。(僕にとっては)
 
 
その時に、いろいろと調べたところ、、、
「使える英語力修得のために必要な投資はいくら?(時間・お金)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

様々な情報をインターネットからかき集めてみました。
結果、英語圏で日常生活・仕事等において語学が大きな障壁とならないレベルになるまでにはおよそ2000~3000時間の学習時間が必要そうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お金に換算してみましょう。

 

例えば、2017年のサラリーマンの平均年収は420万円(月給35万円)です。

日本人サラリーマンの平均年収の推移と中央値について。 | K's Affiliate Strategy.

 

年収を時給に換算すると、、、

年収4200000円 1日8時間0分 1ヵ月20日勤務で年収から時給を計算 - 時給計算

 

時給に換算すると、2187円だそうです。

 

時給2187円 × 2000時間 = 437万円

 

つまり、2000時間の投資とは、

437万円 相当の時間を投資するということです。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
ただし!
音声翻訳機 ili(イリー)を導入すると得られる能力は、翻訳機能からして、その半分程度の能力。
更には、"日本語翻訳のみの一方通行"を考慮すると、、、
 
英語圏で日常生活・仕事等において語学が大きな障壁とならないレベルになるまでには」の為に必要なのが2000時間
その半分の半分くらいの価値 = 2000時間 ÷ 2 ÷ 2 =500時間
 
500時間 × 2187円 = 109万円
 
音声翻訳機 ili(イリー)一方向翻訳機
=年収420万円の方から見て、109万円の価値
 
 
それでも、
その能力を、2万円で手に入れることが出来る。
 
、、、
レバレッジ54倍ですね!(笑)
 
 
コスパ(費用対効果)
 
この単語が好きな僕にとっては、買わない理由が無い商品でした。
 

ポイント
能力をお金に換算する事で、導入すべきかの判断に結び付ける事が出来る。


《 FP 中川拓人の活動記録 》
http://takuto.hatenablog.jp

 

[お問い合わせ]
MAIL:takuto.fp@gmail.com
TEL:070-5063-8629

自分の意見を言うという事

北陸でファイナンシャルプランナーとしても活動している中川拓人です。

今回は、「自分の意見を言うという事」について書きたいと思います。

 
僕は、2年くらい前には
毎月、全国からFPが50人くらい集まる場所で
お昼から朝方まで会議を行う場所に参加していた時期があります。
 
それ以外にも、毎週 自分のビジネスの成果などを発表する為の会議などにも
参加してきました。
→こちらは、現在も継続しています。
 
 
その中で、良く言われていたことが
「間違っていても良いから、自分の意見を言うべき」という事。です。
 
 
自分の意見を言わないのであれば、
存在している意味が無い。とまで言われてきました。
 
 
意見を言えば、
責められることもあるかもしれない。
間違いを指摘されるかもしれない。
 
でも、それは自分本位な考えであり
相手がどうしたら、よくなるか?を追究するなら
自分が責められようが、どう思われようが意見を言うべきです。
 
 
それすら出来ない人が多すぎます。
そんなの年齢とか実績とか、、、関係ないです。
 
 
せめて、縁あって このブログを読んでる人は、
勇気を持って、意見を言ってみてください。
 

ポイント
本当に相手の事を思うなら、間違っていても構わないので意見を言いましょう。

 


《 FP 中川拓人の活動記録 》
http://takuto.hatenablog.jp

 

[お問い合わせ]
MAIL:takuto.fp@gmail.com
TEL:070-5063-8629