FP 中川拓人の活動記録

"信じてくれる人を、徹底的に守れる存在になる"を目標に、商売を通して学んだ「考え方」を中心に発信しています。

知識は、知る事には意味はない。それを使えてこそ知識。

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

今回は、「知識は、知る事には意味はない。それを使えてこそ知識。」について書きたいと思います。

商売の大先輩より。
セミナーを聞いて、本を読んで
「勉強になりました。よく分かりました。」
と言いながら、その内容を覚えようとしない人が余りにも多い。

そして、後日他人から、そのセミナーや本で述べられていた事について質問されて、
案の定、答える事が出来ない!

これ、セミナー受講した意味ありますか?
本を読んだ意味ありますか?


"知識は、知る事には意味はない。それを使えてこそ知識。"


理解したから、もう同じ本を読み返さなくても良い。
などという姿勢の人で、私は成功した人を見たことがありません。


是非今日から、覚えるまで暗記するまで
セミナーは何度も聞く
本は何度も読む

という姿勢になっていただけたらと思います。



何事も、覚えること暗記することを前提に見る聞くをする人と
単に見る聞くをする人に分かれます。

長い人生において、差がつくのは当たり前の事だと思いませんか?



ポイント
意識の仕方次第で、同じ時間でも その濃さは変わる。
疑似体験が出来る事に価値を置く。


《 FP 中川拓人の活動記録 》
http://takuto.hatenablog.jp

[お問い合わせ]
MAIL:takuto.fp@gmail.com
TEL:070-5063-8629

目上の方とのやり取りについて

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

 

今回は、「目上の方とのやり取りについて」について書きたいと思います。

 
 
 これは業務連絡や商談(交渉)などで、目上の方から連絡が来たら

必ず自分が最後に返信(返事)をする形でやり取りを終える。というものです。

 

そもそも、返信がないと相手が理解したのかどうかがわからないですよね。


そういう細かい部分で、しっかり気遣いが出来てるかどうか。

これは、とても重要な事です。


そして、そのスピードやレスポンスもとても大切です。

基本的には、即レスです。


内容だけ見て、後回し。

それをしてしまうだけで、相手からの印象は、悪くなるだけです。

 

 ちょっとした事ですが、意識してみてください。



 

ポイント

年上の方やレベルの高い人ほどそういうところを見て、人の本質を判断します

 

スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

 

今回は、「スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉」について書きたいと思います。

 
ネット上に掲載されていた文章です。
ビジネスに突っ走っている方(自分も含め)読んでもらいたいと思います。
 
もしかしたら
盲目になっていて、大切なものを見失っているかもしれません。
 
もし、それに気が付いて"生き方"を変えようとするなら
それは、少しでも早く実行した方が良いかもしれません。
 
なぜなら、
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。から。
 
----------------------------------------------------------------
スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉~
 

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
   
他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、いま思えば仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、お金と富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
  
私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
   
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
   
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
   
今やっと理解したことがある。
   
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
   
もっと大切な何か他のこと。それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。
   
神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
   
私があの世に持っていける物は、愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。人生には限界はない。行きたいところに行きなさい。望むところまで高峰を登りなさい。
  
全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから世の中で、一番犠牲を払うことになる。

「ベッド」は、何か知っているかい?シックベッド(病床)だよ。
   
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。お金を作ってもらうことも出来る。だけれど、

あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
   
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。
   
人生だよ。命だよ。手術室に入る時、その病人は、まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。
   

「健康な生活を送る本」

  
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために

あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。

スティーブ・ジョブス
1955年2月24日 - 2011年10月5日

 


ポイント

自分の目標達成と大切な家族や仲間を守れる分だけ稼げるようになったら

その後は、"稼ぐ"以外の事に取り組みを移行すべし。

 

 FP 中川拓人の活動記録

【お問い合わせフォーム】