読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FP 中川拓人の活動記録

"信じてくれる人を、徹底的に守れる存在になる"を目標に、商売を通して学んだ「考え方」を中心に発信しています。

マイナンバー制度について

マイナンバー制度】
こんにちは!
石川県でファイナンシャルプランナーとして活動している
中川拓人です。

今回は【マイナンバー制度】についてお話しさせていただきます。


ニュースなどで聞かれた方もいらっしゃるかもしれませんが

マイナンバーとは
『日本に住む全ての人に割り当てる社会保障と税の共通番号』
です。

いままで国や自治体がバラバラに管理していた年金や健康保険のような社会保障・税金などをマイナンバーという12桁の番号を使って管理します。

制度自体は2016年からスタートしますが、2015年10月から国民全員に番号が割り振られます。

この番号で個人情報を一括で管理できるので、
国は管理コストが削減され、国民にとってはいままで役所などの手続きで必要だった書類が少なくなります。

また、税金・保険料のクレジット決済も検討されているようです。


メリットがありそうなこの制度ですが、注意すべきポイントがいくつかあります。

まずひとつは個人情報がしっかりと保護されるか、です。

個人情報の保護と聞いて、先日起こった年金情報の流出事件をイメージされた方もいらっしゃると思います。

年金情報では氏名・生年月日・住所が含まれていましたが

仮にマイナンバーの情報が流出してしまうと
それ以外にも税金・健康保険関連の情報やマイナンバーとのひも付けが予定されている銀行や証券会社の口座の情報まで流出する可能性があります。

マイナンバー制度の始まる前後でマイナンバーに関連した詐欺が発生する可能性もありますので
マイナンバーに関するよくわからない電話やダイレクトメールが来た際はご連絡ください。


もうひとつは個人情報が一括管理されることによる税金などの徴収です。
個人情報を一括管理しやすくことになり、税や社会保険料の徴収・給付を適正化される、と言われていますが
裏を返せば
『税金などで取れる分はしっかり取っていきますね』とも言えます。
ここ最近、国はこういった動きを進めています。

たとえば、
相続税増税(基礎控除の縮小)
社会保険料の割増
・自営業者の白色申告での記帳の義務化
などが挙げられます。

当然払うべきお金は払うべきですが、制度をうまく活用することで本来払わなくていいお金を払わずに済むこともあります。

今後も国の制度が変わっていくことは予想されますが
専門家と提携しながら長いお付き合いのなかでしっかりと対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

長文お読み頂きましてありがとうございました。

[ファイナンシャルプランナー]
FP office 凜 (富山県砺波市表町9-10)
中川拓人 nakagawa takuto
Tell:070-5063-8629
Mail:takuto-fp@docomo.ne.jp
URL:http://takuto.hatenablog.jp/
MORE美:http://www.more-be.com/