読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FP 中川拓人の活動記録

"信じてくれる人を、徹底的に守れる存在になる"を目標に、商売を通して学んだ「考え方」を中心に発信しています。

"相談"ではなく、"報告"

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

 

今回は、「"相談"ではなく、"報告"」について書きたいと思います。

 
目指す先の人=レベルの高い人
 
そのようになりたいと思って、色々相談したり質問したりする。
 
これは、当然の行為(考え)かもしれません。
 
しかし
それでは、自分の見えてる世界、判断しうる基準値の中で考えうるモヤモヤを明確にすることが出来るくらいで、成長はしません。
 
 
だって、自分の頭の中の話で、殻を破れていない訳ですから。
 
 
では、どうするべきか?
 
それは、
【自分の状況を知ってもらう】という事です。
 
自分が、何を目指してて、いまどんな状況で、どんな事をトライしてきて、どんな壁にぶつかっているか、何か得意で不得意で、、、
 
 
それを伝えるだけで良いです。
 
 
なぜなら
レベルの高い人は、その事は既に経験しているからです。
 
その経験を踏まえて、、、
自分がその時にどうしたのか、どう判断して今があるのか
加えて、こんな方法がある←(これは、相談者の未知の部分) 
という話をしてくれます。
 
"相談"ではなく、"報告"
これを意識しましょう。

ポイント

自分の状況を知ってもらう

 

FP中川拓人の活動記録
http://takuto.hatenablog.jp/

リスクオフからの商売チャレンジ

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

 

今回は、「リスクオフからの商売チャレンジ」について書きたいと思います。

 
現在、貿易事業を開始してちょうど半年が経過しました。
 
僕の行っている貿易事業とは?
日本のインターネットの販売モールにお店を作成して、同じくインターネット(ただし、海外)の仕入れサイトから商品を買い付けて販売する。
 
その際に、基本的には、"売れてから仕入れる"という手法で販売手法を取り入れています。
 
 
それは、なぜか?
 
一言で言うとするなら、「リスクが無いから」
です。
 
物を売る商売において、【最大のリスク】とは
"在庫をかかえる事"と僕は定義しています。
 
売れるかもわからない商品を先行投資して、
仕入れて販売する。
 
売れれば良いが、売れなかったら どうするの?
単純に不良在庫になって、その分の仕入れは赤字ですよね。
 
 
それって、怖くないですか?
 
 
って思います。
 
まあ、本来 物を売る商売は、それが基本なので
"当たり前"と言えば、"当たり前"ですが
 
僕は、恐怖でしかないですね。
 
もし、僕が僕の大切なクライアントさんが「商売やってみたいです!」
って言ってきたら
リスクが無い方法からチャレンジしてみよう!
って間違いなく言います。
 
 
転んでも、すぐ立ち上がれますからね!
 
 
ん?
 
 
というか、転ばないか^-^
 
 

ポイント

最初の 商売チャレンジは、徹底したリスク回避から取り組むべし

 

FP中川拓人の活動記録
http://takuto.hatenablog.jp/

20代は目をつぶって突っ走れ

北陸でファイナンシャルプランナーとして活動している中川拓人です。

 

今回は、「20代は目をつぶって突っ走れ」について書きたいと思います。

 
 
2017年の1月19日に29歳になりました。
 
つまり、20代最後の1年となりました。
 
 
僕がFPとして起業したのが、26歳ですから、
どうやら、まる3年経過したことになったようです。
 
 
いや~早いもんですね。
意識してなかったですが、あっという間の3年でした。
 
 
訳も分からず、起業して(笑)
 
ハッタリかまして、「FPです」「お金のプロです」って
 
50代、60代の人生の先輩方より、
数千万円の資産運用について、一緒に考えさせてもらったり
 
離婚相談、相続問題、事故・事件
 
いろいろありました(笑)
 
 
感覚としては、、、
【暗闇の中を、全力で駆け抜ける】
 
そんな感じでした。
 
 
いわゆる、この【暗闇の中を、全力で駆け抜ける】という感覚が
 
【20代は目をつぶって突っ走れ】
という事なのでしょうか。
 
 
ただし
 
 
僕は、29歳です。
もう1年突っ走らないといけません。(笑)
 
 


ポイント
暗闇の中を、全力で駆け抜ける

夢は叶う

 

 

 

FP中川拓人の活動記録
http://takuto.hatenablog.jp/